株式会社フジフレックス

医療向け製品の企画・開発・製造を手掛ける企業「フジフレックス」

Japanese Page

English Page

製造開発環境

金属切削技術

マシニング加工機

多数の切削ツールを自由に取り替えながら、カッティングブロックなどの複雑形状の金属製品を精密に切削する機械がマシニングセンタです。フジフレックスには5機のマシニングセンタが稼働していますが、その内2機はさらにチューニングを施し5軸加工が可能です。人工関節用のトライアルの製造にも対応できます。<br />

多数の切削ツールを自由に取り替えながら、カッティングブロックなどの複雑形状の金属製品を精密に切削する機械がマシニングセンタです。フジフレックスには5機のマシニングセンタが稼働していますが、その内2機はさらにチューニングを施し5軸加工が可能です。人工関節用のトライアルの製造にも対応できます。

関連画像(クリックで拡大)

NC旋盤加工機

丸い棒材を回転させて、NC制御で刃物を材料に沿わして削っていきます。バー形状の部品を作るには、最適な装置です。自動材料供給装置を連結して夜間自動運転が可能です。フジフレックスには、横溝の加工もできる旋盤とマシニングの複合機もあり、手術器具や滅菌ケースの部品製作に大活躍しています。

丸い棒材を回転させて、NC制御で刃物を材料に沿わして削っていきます。バー形状の部品を作るには、最適な装置です。自動材料供給装置を連結して夜間自動運転が可能です。フジフレックスには、横溝の加工もできる旋盤とマシニングの複合機もあり、手術器具や滅菌ケースの部品製作に大活躍しています。

関連画像(クリックで拡大)

ワイヤカット放電加工機

元来は金型を作るために開発された機械です。細径のワイヤーを電極として放電させながら糸ノコギリの要領で、厚みのある金属をミクロン単位の精密さで自由な形に切り抜くことができます。フジフレックスでは、多品種少量の手術器具製作に応用しています。刃物では加工できない、カッティングガイド等の細幅のスリット穴もこのマシンで行います。

元来は金型を作るために開発された機械です。細径のワイヤーを電極として放電させながら糸ノコギリの要領で、厚みのある金属をミクロン単位の精密さで自由な形に切り抜くことができます。フジフレックスでは、多品種少量の手術器具製作に応用しています。刃物では加工できない、カッティングガイド等の細幅のスリット穴もこのマシンで行います。

関連画像(クリックで拡大)

細穴放電加工機

ワイヤー放電で金属を切り抜く際に、最初にワイヤーを通す細穴を開ける装置です。

ワイヤー放電で金属を切り抜く際に、最初にワイヤーを通す細穴を開ける装置です。

関連画像(クリックで拡大)

製造開発環境トップへもどる