株式会社フジフレックス

医療向け製品の企画・開発・製造を手掛ける企業「フジフレックス」

Japanese Page

English Page

企業情報

沿革

昭和25年大居虎太郎が東大阪市若江東町にて創業
昭和48年冨士鉄工株式会社として法人設立
平成4年大居義生が代表取締役に就任
金属加工業から医療機器製造業へと転身を図る
平成7年大阪府薬務課より医療機器製造業の認可を取得
整形外科向け手術器具、滅菌ケースの製造を開始
平成8年大阪市中央区平野町にメディカル営業所を開設
医療用モニターカート「P-Ⅱカート」を発売
平成9年オールアルミ製滅菌カートを開発
春日井市民病院等、県立奈良医大等に納入
平成10年メディカル営業所と本社製造部にオンライン設計システム導入
設計から製造までのワンストップ体制を構築
平成12年株式会社フジフレックスに社名を変更
安全トランス内蔵医療向けモニターカート「Flexカート」発売
平成13年本社工場増床 高出力レーザー切断機等板金設備を更新
平成14年3D‐CADシステムの導入
平成15年 「ISO 9001品質管理システム」認証取得
平成16年東大阪市菱江町に医療機器専用工場として「花園工場」を開設
大阪府薬務課より医療機器製造販売業の認可を取得
平成17年東大阪市加納町にモニターカートの組立・出荷拠点「加納商品センター」開設
医療用モニターカート「メディオン」「ライティー」を発売
医科器械学会に初出展  高速ターレットプレスなど最新設備を導入
平成18年ロボット溶接機、ワイヤー放電加工機など最新設備を導入
平成19年 「ISO 14001」認証取得
マシニングセンタなど最新設備を導入
平成21年高速レーザータレパン複合加工機、3D自動プログラム装置を導入
平成22年奈良県生駒市に本社を移転 夜間無人運転の板金加工システムを導入
本社工場、花園工場、加納商品センターを統合してワンストップ体制構築
平成23年MEDTEC初出展
NC自動旋盤、クリーンルーム、クリーン洗浄システム導入
平成24年メディカル営業所を廃止し、全部門を本社に統合完了しワンストップ体制強化
医療用モニターカート「メディオン2」「ライティー2」発売
医療用滅菌ケース「Eco-hybridケース」「ウォシャブルトレイ」発売
平成25年 「ISO 13485」認証取得 クラスⅡ医療機器の製造販売許可取得
奈良県より「度高付加価値獲得支援企業」に認定される
中小企業庁より「中小企業ものづくり革新事業」に認定される
Co2レーザー切断装置、YAGレーザー溶接機、NCプレスブレーキ、CNC自動旋盤、マシニングセンタ等の最新設備導入
平成26年 東京都文京区にフジフレックス東京オフィスを開設
本社工場内に第三工場の増築
CNC画像測定装置、CNC三次元測定装置、シリコン樹脂成形装置等の導入
平成27年 創立65周年
製造部門3交代勤務を開始し、増産体制を強化
HospitalExpo2015(インドネシア)展示会初出展
MEDICA2015(ドイツ)医療分野の世界最大級展示会初出展
ウォータージェットマシン、ロボット付CNC旋盤の導入
平成26年度補正ものづくり補助金交付決定
関西大学ラグビー部公式スポンサーとして登録

企業情報トップへもどる